姫路市OK様邸新築工事、給排水仕込みの様子をご紹介(*^_^*)

 

前回OK様の基礎工事の様子をご紹介しましたが、

その時に、基礎工事が終われば次は木工事です!と

お伝えしていましたが・・・

本日 ご紹介するのは表題の通り、給排水の仕込み工事の様子です、

すみません(*_*)

 

給排水工事(他の設備工事も)というのは本当にタイミングが大切で、

〇〇の前に!とか、〇〇してからでないと!と、

他の工事の進捗状況に非常に左右されやすい工事です。

今回の仕込み工事も例外ではなく、木工事が始まって

柱や壁が立ったり、床が貼られる前に進めておきたい工事ですね(^.^)

 

ご覧の通り、狭い所ですが小型の重機を使って配管用の溝を作っていきます。

これだけ見ても、柱が立ってからでは困難ですね(゜o゜)

所々にコーナー用の桝をスタンバイさせていますね。

どんな現場でも一直線だけの配管はまずありません。

この様なコーナー部材を使用して、配管を屈曲させていきます。

そして地面の中に埋まってしまう配管にも、排水がスムーズに行われる為に

勾配をつけなければいけません。

余談ですが、私が15年程前に住んでいたマンションでは、

自分たちが一切水道を使っていない時に、

突然かなり大きな音でゴボッゴボッと鳴っていました。

それも今思えば、排水の勾配の問題だったんだと思います。

排水の始まりの場所から、最終桝までがずっと所定の角度で下っていけるように

高さを計算して配管します。

上側の写真の様に、コンクリート打設の前に配管の仕込みをする必要がある箇所も

あります。

常に横の連携を意識していないと、スムーズに現場は進みませんね(*_*)

 

本日は、ここまで!(^^)!

 

 

 

このページの先頭へ