姫路市OK様邸、土台敷き~先行足場の様子をご紹介(^_^)/

 

今回は、OK様邸の土台敷きの様子をご紹介しますが、

まずはこの写真をご覧下さい(^.^)

先週、生命線(ライフライン)が仕込まれ、生きた家に成りつつあると

ご紹介した様子です。

このコンクリート基礎の上に、土台と呼ばれる横部材を敷きます。

この様になるのですが、皆様、分かりますか?

コンクリートと木の土台の間に黒いモノが挟まっていますね。

これは基礎パッキンと呼ばれる部材で、一部を除く基礎の上に設置されています。

この部材は空気を通す作りになっていて、床下の換気の為に設置されています。

少し前までは、コンクリートの立ち上がり基礎に数メートル間隔で

四角い床下換気口を取り付けていました。

よく換気口から動物が入ったり(時には蛇なども・・・)、

その動物が子供を産んで子育てを始めてみたり\(◎o◎)/!

…そんな事もありましたが、この基礎パッキン工法で床下換気を行うと、

基礎パッキン部分は外壁材に隠れる高さなので、

前述したような動物による被害が防げると共に、

一部でなく床下全体の換気ができますね。

 

という事で、家が呼吸もできるようになりましたよ(^O^)

週末の作業で、夜露にもあたるので、

この様に全体をブルーシートでくるみ、養生をします。

水は木の大敵です。

 

そして、先行足場も組まれ…

 

これで、上棟準備もバッチリです!(^^)!

 

 

 

 

 

このページの先頭へ