姫路市OK様邸、無事上棟です!!!(^^)!

 

2018年2月20日(大安)

地盤調査から始まり、晴れてこの日を迎えました。

 

天気は晴天、少し風はあるものの、足場の上り下りで軽く

汗ばむほどです。

現場には朝、総勢9名の大工さん、レッカー屋さん、材木屋さんが勢ぞろいし、

なかなかの迫力でした(゜o゜)

足場の上からクレーンで吊って必要な木材を内部に搬入していきます。

OK様邸はとても大きなお宅なので、

勿論木材の量も多いです\(◎o◎)/!

 

縦の柱をどんどん立てていき、次に横部材の梁・桁をのせていきます。

大工さん達は見事な役割分担で次々に木材を組み立てていきますよ。

昔は大工さんが現場で木を刻んでいましたが、現在では

加工場で寸法通りに加工された木材が現場に搬入されるのが主流です。

上の写真、柱に文字が書かれているのが見えますね。

これは搬入された柱がどの位置のものなのか分かるように書かれた目印です。

上の写真の様な平面図と照らし合わせて、部材の位置を確認しながら

どんどん現場は進んでいきます(^O^)

手前の大きな梁に一定の間隔でU字型の溝が彫ってありますね。

これも木材同士をきっちりと固定するための加工です。

他にも、金物を取り付けるための加工などもありますよ(・o・)

画面真ん中あたりに一つだけ紙が巻かれた梁が見えますが

これは、完成した時に天井裏や壁の中に隠れない、化粧材です。

ですので、完成までの間にキズや汚れが付いてしまわないように、

特別扱いします。

 

 

お昼休憩を終えると作業開始です!(^^)!

建前

2階小屋裏組みから垂木付けをして…

建前

屋根の下地となる野地板、

建前

ルーフィング(防水下地)を貼って…

建前

 

雨に備えて、建物をブルーシートで覆います。

この雨養生で、本日の作業は全て終了です(^_^)/

 

ここまでくると、家の形もよく分かり

お施主様も一気に実感が湧くのではと思います(^^)

 

本日は大工さんはじめ、レッカー屋さん、関係者の皆様お疲れ様でした!

そして、OK様おめでとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ