姫路市OK様邸、外部も仕上げ作業が進んでいます(^^)/

 

つい最近まで、早く暖かい春が来てほしい~と震えていましたが、

素敵な陽気が続いたかと思ったら、午後からは暑いくらい・・・( ゚Д゚)

ちょうど良い気候って本当に貴重ですね。

事務所で作業していてもなんだかじんわり暑いくらいですから、

現場で体を動かす職人さんたちはなおさらでしょう、本当に頭が下がります(‘◇’)ゞ

 

さて本日はOK様邸の外壁仕上げのご紹介をさせていただきます(^^)/

OK様邸の外壁は、漆喰での左官仕上げをベースに

アクセントとして一部にタイル貼りやサイディング貼りを施しています。

仕上げによってその下地も変えていきますが、

今回は漆喰仕上げ部分の下地の紹介をさせていただきます!(^^)!

左官での仕上げというと、一番の心配事の一つはひび割れ(クラック)です((+_+))

 

ひびができる原因を簡単に説明しますと・・・

コンクリートやモルタルには、乾燥する過程で必ず縮んでいくという物理的性質があり、

ある点を境に別方向に縮んでいきます。

その縮み方向の分かれ目となったところが、ひび割れという形で現れます。

そこでもう一つの物理的性質、何か別素材があるとそこに収束するという特徴を利用した

工法が、今回OK様邸で採用したクラックレス工法です。

目の細かいメッシュをモルタルの中に埋め込んでおくことで、

そのメッシュの目の細かさに応じてモルタルの縮む距離が少なくなります。

非常に小さな縮みならモルタルが割れてしまわずに済むというのが

この工法のメカニズムです、、、伝わりましたでしょうか”(-“”-)”

 

この様に弊社では常にアンテナをはって、もっと良いもの、もっと良い工法を

模索し、どんどんそれを採用して常に進化を心がけております(‘◇’)ゞ

上記の様な下地処理も含め、タイル部分も仕上がって外観が素敵に仕上がりつつあります。

まだしばらくは足場が外れませんので、全景はまだ先になりますが、

皆様、楽しみにしていてくださいね!(^^)!

 

本日はここまで!

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ