【姫路市K様邸】【新築】 H27年10月

建物の南面に配置したリビングには、太陽の光が存分に差し込むよう大きな掃出し窓を。

入口親子ドアからリビング階段までの動線は、毎日のコミュニケーションには欠かせません(*^。^*) 天井を一段高くして、梁を見せることでより広く開放的な空間に仕上がりました。リビングからつながる和室の塗り壁は、コテ塗りの際に炭を落とした「ラフ仕上げ」で和の雰囲気を大切にしながらも独創的な雰囲気にしました。

ダイニングには明るさの調整とデザインの加減でスリット窓を使いました。敷地の形状で出来る出っ張り部分にカウンター机を。お子さんの宿題や、家族のPCスペースにぴったりです。

沖縄が好きなお施主様の為に、玄関の屋根に魔除けのシーサーを設置し、外部アプローチの平板ブロックと和室の畳はミンサー柄という八重山地方のパターンにしました。(*^^)v 五つと四つの繰り返しなのですが、「いつの世までも共に結ばれている。」という思いが込められています。

このページの先頭へ